食べているつもりでも足りない野菜 1日に摂りたい野菜の量は?

1日に必要な野菜の量は?

野菜を少し食べただけで「食べたつもり」になっていませんか?

 

  • 「おにぎりと一緒にコンビニのサラダを食べたから野菜は十分??」
  • 「ラーメンの中に野菜が入っていたから大丈夫??」
  • 「居酒屋でも漬物を頼んでるから栄養ばっちり??」
  • 「野菜ジュースをお昼に毎日飲んでるからOK??」

 

外食やレトルト、コンビニなどで食事を済ませることが多くなると、上記程度の野菜の量でも安心してしまうことがあります。
しかし、ここで必要な野菜の摂取量を確認しておきましょう。

 

実は1日に摂りたい野菜の目標量は、厚生労働省で示されており、「野菜類を1日350g以上食べましょう」が目標になっています。
(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット
また、350gのうち120gは緑黄色野菜を摂るのが目安です。

 

350gの野菜ってどのぐらい?

 

350gの野菜、といっても実際にはどのぐらいなのかがわかりにくいですが、目安としては小皿料理5皿分の野菜と覚えておきましょう。
もしくは、両手のひらにいっぱいの野菜×3を目安にしてみましょう。

 

1日に必要な野菜の量

 

実際にコンビニのサラダを計量してみるとわかりますが、1パックあたり100〜150g程度しかありません。さらに緑黄色野菜は入っていてもわずかの量でしかありません。
そのため、コンビニのサラダを食べただけで満足していると、野菜不足になってしまうということになります。


野菜不足が続くと、どうなる?

野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維は、身体を調整するための栄養素です。
脂質、糖質、タンパク質の代謝を体内で促進させ、栄養源として補助するビタミンやミネラルが不足すると様々な不調の原因となります。

 

野菜に含まれる代表的な栄養素
  • ビタミンA・・・目の健康、皮膚や粘膜の健康に関わる
  • ビタミンB1・・・神経機能を正常に保つ
  • ビタミンB2・・・脂肪の代謝、動脈硬化の予防
  • ビタミンC・・・ウィルスへの抵抗、コレステロールの分解、コラーゲンを正常に保つ
  • 鉄・・・血液中で酸素を運搬、タンパク質代謝、免疫機能を正常に保つ
  • カリウム・・・筋肉を作り健康に保つ、エネルギー代謝、体内の水分浸透圧の維持
  • カルシウム・・・骨と歯の発育・維持、血液凝固に作用、免疫機能を正常に保つ
  • 食物繊維・・・腸内の有害・有毒物質や血中コレステロール等を吸着・排出
 

野菜を摂るには自炊が一番 男の一人暮らしでも簡単・時短レシピ

簡単、自炊料理

野菜をたくさん食べるためにはやっぱり自炊が一番です。
包丁さばきに自信がない人でも手軽に野菜がたくさん食べられて、作りやすいのがこちら。簡単・すぎできる自炊料理からチャレンジしてみましょう。

 

  1. スティックサラダ
  2. 蒸し野菜
  3. 野菜炒め
  4. 汁物(味噌汁)
  5. 鍋料理

詳しくは「簡単!野菜たっぷり自炊料理」へ

 


手軽に野菜の栄養素が摂れる青汁を利用してみよう

青汁を毎日飲もう

野菜の栄養素を豊富に含み、忙しいときにも一手間で飲める青汁。
不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維を補うために、毎日1〜2杯の青汁を生活に取入れるのはおすすめです。
1人暮らしで自炊がめんどうに感じるときや、野菜不足が心配な方はぜひ取り入れてみましょう。

 

青汁は、桑の葉や大麦若葉、明日葉といった栄養素が特に豊富な野菜が原料になっていますから効率的に栄養補給することができます。
1杯あたり100円前後と経済的にも効率的で、糖分たっぷりの缶コーヒーを飲んでいる方は、その分を青汁に変えるだけで身体にとってプラスになります。
忙しい朝や遅くなった夜でも「混ぜるだけ」といった手軽さも、ついつい栄養のことは後回しになってしまう男性の一人暮らしの方にこそ、ぜひ利用してほしい健康食品と言えます。

 

青汁を選ぶ際にチェックしたいポイント

  • 毎日飲み続けることを前提に、危険な食品添加物(人口甘味料など)を使っていないものを選ぶ
  • 水、牛乳、ヨーグルト、料理などにも使いやすい、おいしくアレンジしやすいものを選ぶ
  • 野菜不足の解消におすすめの青汁」もチェックしてみよう

 

安心・おいしい・続けやすい おすすめの青汁

 

神仙桑抹茶ゴールド

 

神仙桑抹茶ゴールドs

 

神仙桑抹茶ゴールドはお茶職人が味と品質にこだわりを持って作った青汁です。「桑抹茶」という名前のとおり、味は抹茶仕立て。青汁のイメージである青臭さなどはありません。
桑の葉は大麦若葉などと比べても栄養バランスにすぐれていますが、そのままでは食べにくいのが難点でした。それを、おいしい青汁に変身させたのが、この神仙桑抹茶ゴールドです。

 

POINT

  • 老舗のお茶師が作った青汁なので、おいしく飲みやすい
  • アレンジしやすい抹茶仕立て(ヨーグルトなどにもよく合う)
  • 食品添加物は完全無添加・残留農薬検査も実施
  • 糖分をバリアする成分DNJが含まれる桑の葉が主原料

 

原材料 桑の葉・緑茶・シモン(添加物不使用)
通常価格 5,700円(60包)/8,000円(90包)
定期価格 5,415円(60包)/7,200円(90包)

 

神仙桑抹茶ゴールド

 

 


 

野菜不足を解消しよう 一人暮らしでも簡単にできる!

簡単!自炊料理 毎日食べるといいもの 腹回りが気になる?

簡単自炊料理

男の1人暮らしでも簡単にできる自炊料理のレシピ。一手間で野菜たっぷりの料理が完成!

こちら

毎日食べると良いもの

ビタミン・ミネラル・食物繊維。体の元となり、活力を支える毎日摂りたい食べ物や栄養素をチェック!

こちら

お腹周り、気になる?

代謝力が下がり、いつの間にか体重が増え、お腹周りが・・・栄養バランスで引き締まったボディに。

こちら

野菜不足は「毎日解消」が大切

「外食続きだから、今日は自炊で野菜をしっかり食べよう」という方も多いですが、大切なのは続けることです。日々栄養バランスがとれていないのにも関わらず、1日だけ野菜を食べてもあまり意味がありません。
体は日々生まれ変わっています。今日だけ野菜を食べたからといって急激に変化するものではなく、日々の積み重ねが健康維持にはとても大切です。
体のバランスを調整し、体内環境を改善すること、そして老廃物を溜め込まない身体をつくるためには、続けることが大切です。
疲れているときや忙しい時は自炊がわずわらしくストレスになってしまいがちですが、毎日続けられるような方法を見つけておくことが健康管理につながります。